ニュージーランドのんびり日和

ニュージーランド北島ベイオブアイランズでの生活、我が家の日々のひとこま、観光案内、お役立ち情報、私の勝手な雑談などを気ままに更新中!

ウェリントン観光⑤ 映画の最前線!ウェタ・ワークショップ Weta Workshopって知っていますか?


~ただ今のニュージーランド時間~
(夏時間適用中)   


《秋のニュージーランド特別割引実施中!(販売終了3月5日)》
≪タウポ経由ウェリントン旅行13≫

ニュージーランドは知る人ぞ知る映画の聖地。

というのはちょっと言いすぎでしょうか・・・

ニュージーランドが誇るピーター・ジャクソン監督の「ロード・オブ・ザ・リング」三部作や「ホビット」三部作は有名だと思いますが、ニュージーランドは多くの映画のロケ地になっていて、国内にはロケ地が散在しています。

少し昔だと「ピアノレッスン」や「ラストサムライ」、「ナルニア王国」、「世界最速のインディアン」、「バーティカル・リミット」、2005年版の「キングコング」などもそうです。

ウェリントンはニュージーランド映画産業の中心地で、その中でも中心となっているのはピーター・ジャクソン監督率いる元々WETA ウェタと呼ばれていた映画会社です。

現在WETAは、特殊メイクやミニチュア製作の工房である「ウェタ・ワークショップ Weta Workshop」とデジタル・ポストプロダクションの「ウェタ・デジタル Weta Digital」の2つの組織に分けられています。

wellingtonweta5.jpg

前置きがちょっと長くなりましたが・・・その「ウェタ・ワークショップ Weta Workshop」に行ってきました。

敷地内や受付エリアに入ると・・・

wellingtonweta1.jpg

いろいろなものが目に入ってきます。

天井にも!

wellingtonweta2.jpg

新しいところでは、2017年公開の映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」のこちら。

wellingtonweta4.jpg
《ゴースト・イン・ザ・シェル》

ビートたけしさんが出演していましたね。これもウェタ・ワークショップの作品です。

余談ですが、見ていない方や日本語吹替で見た方はわからないですが、英語版ではたけしさんだけずっと日本語で話していて、英語と日本語で会話が成り立っているという不思議な世界が広がっているんですよ。

ウェタ・ワークショップにはいくつかのガイド付きツアーがあり、私たちもそのひとつに参加しました。

ガイドの案内で展示を見ながら進んでいきます。製作秘話や裏話を聞かせてくれたり、舞台裏を見ることもできます。他では見ることができない小道具や通常は非公開となっている衣装などなど、ここでしか見ることができないものがいっぱいです。

残念ながら、ツアー中のほとんどの場所や作品は写真撮影禁止でお見せすることができません。ここでアップしている写真は全て「撮影可」と言われた場所で撮ったものです。

映画好きの方はぜひ訪れることをお勧めします。

テパパの期間限定展示「ガリポリの戦い」にあったリアリティ感ハンパないこれらも実はウェタ・ワークショップの作品です。

wellington10_20180203170242d1e.jpeg

☞【ウェリントン観光② まずはテパパ Te Papaに行こう! 】

さて、そんなウェタ・ワークショップの中で、ある意味私の注目を浴びたのがこちら(笑)

wellingtonweta3.jpg

受付のところにあったランプです。ちょっとおもしろくないですか?

ガイド付きツアーは予約を勧められました。たくさんの方がツアー待ちをしていたので、時期的なものもあるかもしれませんが、予約をしてから行ってくださいね。

【Weta Workshopのサイトはこちら】(英語サイト)

興味がある方はこちらもどうぞ。
【Weta WorkshopのFacebookページ】(日本語)

☜【タウポ経由ウェリントン旅行12 ウェリントン観光④ なんで、こんなところにケーブルカー!? 】
☞【タウポ経由ウェリントン旅行14 ウェリントン観光⑥ マウント・ビクトリア日和~!?マウント・ビクトリア展望台 Mount Victoria Lookout 】

【ウェリントンの宿泊施設を探す】

関連記事
スポンサーサイト